ごあいさつ

 昨年6月、一般社団法人への法務局登記が完了し、9月にはメルパルク熊本での設立大会

を挙行した。平成24年7月、任意団体として発足した熊本県コンクリート診断士会は法人

として新たなスタートをきりました。現在47名の正会員、14社の賛助会員を要し、自治体をはじめ関係機関等から注目を集めている現状でもあります。

 

 初代理事長として、これまで同様の活動(熊本県建設技術センター品質管理講座の専任講師、コンクリート診断士直前対策講座、コンクリート技術講習会、現場見学会、業務報告会等)を継続・強化し推進していきたいと考えています。

 

 昨年末には、講習部会・研修部会を立ち上げ、今後の講習・研修へ対する中身の充実と強化に努めていきます。更には、これまで発注者から、ひび割れ調査等に関する歩掛り等の要望等に対応するため、幹事(役員)等との協議を得て、本年度中には小冊子として発刊する運びとなるように取り組んでいます。

 

 熊本県民(他県含む)やそれぞれの自治体等の疑問・質問等にも積極的にお応えして、安心感を与え、ひいては診断士への信用につながるようなスキルの向上へと努め、更には地域のシンクタンクとしてこれからも地域のインフラの構築から診断、維持・管理、修繕等へ寄与できる知識と見識の向上に会員一同取り組んでまいりますので、これまで以上のご支援・

ご鞭撻のほど衷心よりお願いいたしまして、初代理事長の挨拶にかえさせていただきます。

どうぞ、宜しく宜しくお願い申し上げます。 

 

               (一社)熊本県コンクリート診断士会 会長 勇 秀忠

 

 

【リンク集】